HOME > デジタルファブリケーション > レーザー加工株式会社OGN(オージーエヌ) 3DCADによる設備設計&コンサルティング・生産技術

レーザー加工

レーザー加工機とは、レーザーを照射して素材に対し彫刻や切断をする装置です。

対象物の加工点にレーザーを照射することで、素材切断や金属面へのマーキング、表面彫刻等の加工を施します。 3Dプリンタを3次元造型機とすると、レーザーカッターは2.5次元加工機と言えます。 加工出来る素材はアクリル、ジュラコン、ゴム、レザー、木材、金属(マーキングのみ)と幅広く、用途も建築模型、アパレル、模型製作と様々です。 応用次第で非常に強力な物づくりのツールとなります。

VLS3.50(Universal Laser Systems社)
デスクトップレーザー加工機
樹脂材/木材の切断、表面彫刻、金属表面への刻印
最大ワークサイズ:609.6×304.8